コンバース「ALL-STAR」を約3年間履き潰した結果。

converse-allstar-eye1

どうも、コンバース大好き人間です。
とは言え、持っているコンバースの数は6足。
マニアでは無いし、別段スニーカー好きという訳でもないです。

ただ、学生時代に毎日のように履いていたのでコンバースには愛着があります。
今でも服に合わせやすいので、よく履いています。

 

タイトルにあるように、3年間履き潰したコンバースは、

CONVERSE ALL STAR HI
オプティカルホワイト

allstarwt

街でよく見かける一般的なコンバースです。

 

 

で、僕の履き潰したコンバースがこちら。

allstar1

いい感じにクタッとして、味が出ています。

きちんと半年に1回くらいのペースで洗っていたので、比較的きれいです。

 

 

では、3年間履き潰したコンバースの結果を見ていきましょう。

 

見た目の変化

新品と比較すると、突出して変化している部分はかかとのソールです。
こんな感じ。

chucktaylor10

歩き方が悪いのか、紐を緩くして履いているからなのか、
極端に擦り減っています。
別にかかとを地面に擦る様な歩き方はしていないんですけどね…
3年も履けばみんなこうなるのかな?

他にも、サイドのソールが剥がれたり、黄ばみがあります。
が、このあたりは当然の劣化かな。

 

サイドのソールは歩く度に負荷が掛かり、新品をおろしたてでも早々に剥がれてしまいます。
コンバースに付き纏う問題です。こればっかりは仕方無いですね。

黄ばみも経年変化で仕方無いですが、
個人的には真っ白よりかは、少し汚れた使用感のある方が好きです。
明らかな黄ばみは許容出来ませんが。

ソールは劣化し易く劣化速度も速いですから、すぐにダメになってしまいますね。

ボディはむしろ、まだまだ大丈夫です。

chucktaylor8

布素材で汚れが付き易く、クタッとしていますが、
定期的に洗ってるので、比較的きれいです。
穴や破けも無く、まだ履けそうな印象。

 

 

 

履き心地の変化

正直、自分の足にかなり馴染んでいるので、履き心地は今でも抜群。
履き込むたびに馴染んで良くなっていきました。

なので、個人的にはソールの減りは履き心地に意外と
「関係無いのかな?」という印象。

ソールが擦り減って履き心地が悪いと感じた事はありません。
ソールの減りやサイドの剥がれが無ければ履き続けたいくらい。
ただ、これ以上履き続けると確実に壊れてしまうのは明確。
それは絶対に嫌なので、ここで引退。

 

個人的には、このコンンバースは一種の宝物です。
愛着を持って履いてきた、このコンバースが壊れて、
挙句ゴミとして捨ててしまうなんて言語道断。

 

 

 

今後の展望

自分としては宝物です。
なんとか保存したい考えています。
“飾る”とまではいきませんが、ゴミとして扱いたくない。

はたから見ればゴミかもしれませんが、学生時代の思い出の塊です。

 

 

学生の頃、毎日の様に履いていたコンバース。

白いボディに赤と青のライン。僕が1番好きな靴です。
しかも、1足4,000円。また買うのは必至。

「コストパフォーマンスが良いから~」なんて事を語るのは野暮な話ですが、
お財布にも優しい。ありがたいですね。

今度はハイモデルのMADE IN JAPANや復興版、ADICTなんかに手を出してみようかな。
ただ、廉価版で安いからこそ履き潰す事が出来るのも事実だしなぁ。
悩みどころだな。

 

では。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です