シンプルで生活感の無いティッシュケースを自作。100円ショップの工作用紙が大変身!

tissuecasse20

”おしゃれは細部に宿る”

 

そんな話を聞いたことはありませんか?

お部屋のインテリアや内装にこだわりを持っている方、
家具とテイストや色味を統一されていると思いますが、

 

”ティッシュケース”まで、きちんとこだわっていますか?

 

商品名のロゴ、売り場で目立つようにと、カラフルな色合い。
生活感丸出しのデザイン。

 

おしゃれな部屋だと、より一層目立つ事だと思われます。

 

あなたのお部屋では悪目立ち、していませんか?

 

 

とは言え、世の中にはおしゃれなティッシュケースが沢山あります。

 

ただ、ちょっと高いですよね。

ティッシュを入れるケースに数千円もかけたくありませんよね。

 

と言うわけで、今回、安くておしゃれなティッシュケースを自分で作ってみたいと思います。

 

 

参考にしたもの

concrete craftのButton Tissue Box

 

パクリではなくオマージュ。そしてリスペクト。

販売目的ではないので、許してちょーだい。

 

 

用意するもの

ティッシュケース1

  • 工作用紙(意外に重要、サイズ、色など)
  • ボタン
  • 紐(本のしおりに扱われているようなもの)
  • 裁縫道具(糸、針)
  • カッター
  • 定規
  • えんぴつ

 

ほとんどの物が100円ショップで手に入ります。
写真の大きなカッターマット以外は、本当に。

 

 

100円ショップの工作用紙を利用している理由

大きさと色です。

この工作用紙は318×450mmです。
今回、必要な大きさは290×360mm

B4サイズでは足りません。A3はサイズ的には大丈夫なんですが、
100円ショップでは見当たりませんでした。(僕が行った所では)

 

この工作用紙があってよかった。

ちなみに利用するのは裏です。

ティッシュケース2

このグレーが非常に良い働きを。

 

紙専門店に行けば、色、厚み、質感。
選び放題なんですが、
今回は100円ショップにこだわりました。

 

安く、身近で、手頃。

 

一枚25円です。失敗しても金銭的ダメージは皆無です。

 

我ながら、良い素材を見つけたなと感心。

 

 

 

では作っていきます。

 

まずは必要な大きさにカットしていきます。

ティッシュケース3

こんな感じ。290×360mmにカットします。

せっかくの方眼紙なので活用しましょう。

 

次はこんな感じに。

ティッシュケース4

寸法はこんな感じ。
分かりにくいが、出来ます。

ティッシュケース5

 

 

次にティッシュが出てくる穴?隙間?を切り抜きます。

ティッシュケース6

165×20mmの枠を箱の上面に、中心に来るように書き、
両端を20mmの半円で切り抜きます。

ティッシュケース7

慎重にカッターを入れていけば、綺麗にカットできます。
まっすぐのところは、ステンレス定規を当ててカットすれば、まっすぐに切れます。

ティッシュケース8

こんな感じに。

 

折り曲げるとこんな感じに。

ティッシュケース9

折り曲げる時のポイントは、折り曲げる前に、折り目をつける事。

ティッシュケース10

写真では見難いですが、鉄筆や、硬いペン状の物で、引き痕をつけます。
そうする事で、折り曲げるガイドが出来て、綺麗に曲げられます。

 

あとは、のりしろの部分をのりでくっ付ければ、箱は完成です。

ティッシュケース11

 

 

 

次に、サイドを止めるボタンを付けていきます。

少し面倒に感じますが、このティッシュケースの最大のポイントなので頑張りましょう!

 

まず、上のひらひらからボタンを付けていきます。

ボタンが中心に来るように、測り、下穴を開けます。
この場合だと、上から15mmが中心になります。

ティッシュケース12

刺繍針で簡単に穴は空きます。

止める紐用の穴も開けます。

ティッシュケース13

で、止める紐を裏から通します。
抜けないように。

ティッシュケース14

あとはボタンを付けていきます。

ティッシュケース15

普通にボタンを付ける要領で出来ます。

下のボタンも付けていきます。

ティッシュケース16

上と重なる部分があるので、重なる部分を除いた範囲で中心を測ります。
この場合だと、下から12,5mmが中心になります。

 

ボタンを付け終わると、こんな感じ。

ティッシュケース17

反対側も付け終わると完成です!

 

 

早速、ティッシュを入れていきましょう!

ティッシュケース18

ティッシュケース19

 

作る大きさによれば、箱ごと入れる事も出来ます。

 

 

 

完成

ティッシュケース20

ボタンの大きさや、色、縫い付ける糸、紐、使用する紙…

組み合わせによっては、

 

よりシンプルに。

 

よりカラフルに。

 

自分の好みに仕上げられます。

 

 

 

 

人によっては、作るのに時間が掛かってしまうかもしれませんが、
お金は掛かりません。
時間がある時に、ぜひ試してみて下さい。

では。

 

ティッシュケースの作り方はこちらもあります。
合わせてどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です