誰でも出来る、封筒の作り方。必要な物はA4の紙だけ!?

封筒0

みなさん、最近封筒って使っていますか?

メールやLINE、インターネットの進歩、クラウドの発達により
手紙や紙の書類が少なくなっていますよね。

僕は、もともと手紙などを書くような人間じゃないんですけど、
封筒を使う機会がほとんど無くなりました。

使う機会は年に1、2回です。

 

でも、よくよく考えてみて下さい。

年に1、2回使っていますよね。
手紙を全く書かない僕ですら、です。

この1、2枚のためにわざわざ買うのってなんだか釈ですよねー。
10枚も20枚もいらないんですよね。
(多いに越したことは無いんですけどね)

 

 

だったら作ればいいんですよ!そこのあなた!

時間がかかってめんどくさい?

1、2枚なんてすぐにできますよ!

自分の好きな柄の紙で作ることもで来ますしね。

 

さっそく、作っていきましょう!

 

 

用意するもの

封筒1

  • のり
  • 鉛筆
  • カッター
  • カッターマット
  • 定規

出来上がりはこんな感じ。

封筒2

これは洋形1号(176×120mm)です。
A6、B7、はがき、L判が折り曲げずに入ります。

一般的な手紙はこの大きさを使いますよね。
または洋形2号(162×114mm)かな。

 

洋形1号(176×120mm)はA4サイズの紙があれば作れます。
多分、家に1枚くらいはありますよね?

なかったら100円ショップなんかに紙は売っています。
(100円で紙を買うなら、封筒買えるだろとか言わないで…)

クラフト紙なんかがあればオシャレに出来ます。
好みの柄の紙、包装紙、紙袋でも使用する大きさ(この場合A4)を確保できれば作れます。

 

 

 

作り方

とても簡単です。
封筒の構造、展開図を理解すれば誰でも作れます。

構造、展開図が分かんない、という人は封筒を分解して広げてみれば分かります。(手元にあれば)

分解なんて…と思う人は勉強代と思ってね、また作ればいいし。

 

展開するとこんな感じ。

封筒3

封筒の種類にもよりますが、A4から洋形1号を作るとこうなります。

封筒4

封筒の形に切り落としていきます。

 

あとは折り曲げて、のりでくっ付けるだけです。

封筒5

のり付けは慎重に。はみ出したら封筒として機能しなくなりますから。

以上で完成です。とても簡単でしたね!

 

 

 

最初はサイズを測ったりと、慣れない作業があったかと思います。
慣れれば楽に感じます。

 

2回目以降は厚紙で型を作っておけば、
型紙を紙の上に置いて外枠をなぞっていくだけで、
イチイチサイズを測る必要が無くなるので非常に簡単です。

封筒6

こんな感じに、自分が使いたいサイズを作り、揃えておけば、何かと便利ですよ。
僕はあと、もう2つ封筒の型があります。

 

 

 

自分で作った封筒って、強度が心配ですか?

僕は自分で作った封筒で数回ポストに投函しましたが、問題はなかったです。
相手にきちんと届いたし、相手からのクレームも無かったです。

 

 

是非、お気に入りの紙で作ってみて下さい。
かわいい、かっこいい、おしゃれ…
作る人によって、いろんな表情、サイズの封筒が出来上がると思います。

既存のサイズにとらわれず、自由に作って下さい。

 

メールやLINEが当たり前の時代だからこそ、
あえて、直筆の手紙、自分で作った封筒が相手の心に深く残ることでしょう。

 

以上、誰かのためになれば…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です