【Knot】「選ぶ楽しさ」が愛着を生む。カスタムオーダーが出来る国産の腕時計。

knot-eye

2014年にクラウドファンディングで成功し、
さらに、発売されるとすぐにTVで特集を組まれ、
一躍有名になったMADE IN JAPANの腕時計ブランド『Knot』

当時、TVで紹介される前から注目していて、購入した自分がなんだか誇らしいです。

TVの特集で一時期、入手困難な程にまでなったのですが、
当然、特集されるだけのインパクトや価値が『Knot』にはありました。

国産でありながら無駄な流通を省き、従来の国産よりも1/3もコストカットした価格。
カスタムオーダーが出来る文字盤、ベルトのラインナップ。
専用工具無しで簡単に付け替え可能な“イージーレバー”を標準搭載したベルト。

今でこそ文字盤やベルトのラインナップはかなり増え、10,000通り以上の組み合わせが出来ると言われていますが、
当時から魅力は充分でした。

 

 

 

1/3の価格の理由

中間業者との無駄な流通を省き、コストカットする事で、
品質を損なわずにMADE IN JAPANの時計をリーズナブルな価格で提供出来ているそうです。

knot4

出典:knot-designs.com

正直、素人には業界の仕組みはよく分からないが、
いち消費者としては一万円台で国産の、しかもコンセプトやデザイン性がしっかりしている時計が手に入るのはありがたいですね。

 

 

 

 

ベルトがもたらす印象

knot1

Knotの一番の特徴は、シンプルでトラディショナルな文字盤のデザイン性もさる事ながら、
専用工具無しで簡単に付け替え可能な“イージーレバー”を標準搭載したベルトと、そのラインナップと言えるでしょう。

ミラネーゼメッシュ、栃木レザーや愛媛レザー、日本の伝統工芸を取り入れたベルトの数々。
新商品も続々と登場し、一つの文字盤でも幅広いカスタムが可能です。

 

その、各ベルトがもたらす印象は大きく、同じ文字盤でもその日のファッションに合わせてカジュアルにもフォーマルにも対応できます。

knot5
(クロノグラフ×栃木レザー ブラック “廃盤”)

 

(クロノグラフ×ミラネーゼメッシュ シルバー)

 

(クロノグラフ×栃木レザー トラディショナル シェイプ ストラップ ダークブラウン×Dバックル)

 

 

 

ベルトに負けない文字盤のラインナップ

knot2

発売当初、文字盤はスモールセコンドとクロノグラフの2種類でした。
当時から革新的でカスタム性は十分にあったのですが、
今では7種類もの文字盤があります。

クラシックシリーズのスモールセコンドクロノグラフスクエア
ソーラーモデルのチタニウムソーラーレディースソーラー
オートマティックモデルの国産機械式時計、そして機械式クロノグラフの発売。

国産ブランドとしての情熱やプライドがひしひしと伝わってきます。

 

 

 

選ぶ楽しさ

knot3

2014年のクラウドファンディングの成功から約4年、
ベルトのラインナップ、文字盤のラインナップ、各色のDバックルの発売。
今ではその組み合わせは10,000通り以上と言われています。
特に文字盤はついに一通りラインナップが完成されたと言えるでしょう。

クラシックシリーズはケースのカラーも豊富で、
シルバー、ブラック、イエローゴールド、ローズゴールドの4色があります。
それだけでも選ぶ楽しさが味わえます。

男性も女性も手に取りやすく、オリジナルのペアウォッチも作り上げる事が出来ます。

 

Knotの取り扱い店舗はかなり増えていますが、それと同時にギャラリーショップも増えてきています。
現在、国内に7店舗あり、オープンディスプレイで様々なカスタムの試着が可能です。

オンラインショップでの見え方と、実店舗での見え方では絶対に印象が変わってくるので、
一度は足を運んでみる事をお勧めします。
ギャラリーショップであれこれ試してみるのも楽しいはずです。

 

 

 

以上、

カスタムオーダーが出来る国産の腕時計『Knot』の紹介でした。
文字盤のラインナップは一通り完成されたと言いましたが、
『Knot』はまだまだ成長中のメーカーだと言えます。
今後の新商品やグレードアップ、マイナーチェンジを期待したいですね。

 

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です