【マクドナルド】無料クーポンが貰えるアプリ『KODO』を使ってみた。貰える物は貰っちゃいましょう。

KODO-use-eye

以前紹介した、マクドナルドの無料クーポンが貰える、
公式アプリ『KODO』

今回、実際に使ってみたので、使い方や感想をレポートしたいと思います。

 

 

 

まずはじめに、『KODO』とは。

McDonald’s KODO

利用したマクドナルド店舗のアンケートに答える事で、
その店舗で使える無料クーポンがもらえるアプリです。

1アンケートで1クーポン。1クーポンで、

  • ポテトS
  • ドリンクS
  • ソフトツイスト
  • ハンバーガー

のいずれか1個が貰えます。

 

最近クーポンを見たら、ハンバーガーがクーポンの中から無くなっていました。残念。

 

アンケートは簡単なものです。

お店の満足度や店員さんの対応、店舗の雰囲気など、
アンケートは2~3分で終わります。
途中、文章を書き込む箇所がありますが、必須ではないのでスルーできます。

獲得したクーポンはこんな感じ。

KODO1

 

注意事項としては、

  • クーポンはアンケートに答えた次の日から使える。
  • 期限は2週間。
  • 同じ店舗では月に1回しかアンケートに答えられない。すなわち、同じ店舗では月に1回しかクーポンが貰えない。
  • このクーポンは何か他の商品も注文しないと使えない。

 

注意事項が多いです。
よく確認しておいて下さい。

思い立ったその日には使えないし、
1回使うと店員さんに削除を要求されます。

抜け目がないですね。
まあ無料クーポンなので当然か。

たくさん使われたらマクドナルドも堪ったもんじゃないですもんね。

 

ただ、行動範囲内にマクドナルド店舗が複数あれば、
週1くらいのペースで無料クーポンを使用する事が可能かも。

 

少し長くなりましたが、実際に使ってみます。

 

 

 

使い方

KODO-use-eye

クーポンの画面を見せるだけです。
が、クーポンの画面にポテトS、ドリンクS、ソフトツイストが一緒にあるので、
きちんとクーポン番号か商品名を店員さんに伝えましょう。

僕が使った時は、ハンバーガーが選択肢にあったのでハンバーガーを選びました。

 

また、他の商品も注文しないとこの無料クーポンは使えないので、
アイスコーヒーM(これは標準クーポン・100円)を注文しました。

 

初めてでしたが、難なく使えました。

使う前は店員さんに、

『こいつ、タダ飯を貰いに来たな。がめつい奴め。』

と、思われないかと少し不安でしたが(完全に被害妄想)
店員さんは淡々と仕事をこなしていました。

ちなみに、使ったクーポンはしっかり削除を要求され、
削除ボタンを押すところまでガッツリ見られました笑

教育がしっかり行き届いてます。
不正は許さないんですね。

 

注文したレシートがこちら。

kodo-receipt

店内でハンバーガーの写真を撮るのが恥ずかしかったので、
商品の写真はありません。悪しからず。

標準クーポンを利用したアイスコーヒーM 100円と、
無料クーポンを利用したハンバーガー 0円です。

しめて100円。安い。

ついでに支払いは楽天ポイントで。
iPhoneに楽天アプリはあるので、
財布を出さずにiPhone片手に決済。スマート。

そう。iPhoneならね。

 

 

感想

感想もクソも無いんですけど、
店員さんに

『こいつ、タダ飯を貰いに来たな。がめつい奴め。』

とは思われてないハズです。

淡々とクーポンの処理をされていたあたり、
この無料クーポンを使っている人は多いのでしょう。

大した手間も掛からないので、貰える物は貰って、
ガンガン使っちゃいましょう。

 

 

マクドナルドの信頼性やジャンキー感で、マクドナルドをあまり好まない方もいらっしゃるかと思いますが、
僕は大歓迎です。
マクドナルドは色々あったけど、最近は大丈夫でしょう。
アプリのアンケートの答えにも真摯に対応してくれる事でしょう。

ジャンキー最高!

では。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です