【無印】「針が細い画鋲」は本当に針が細いのか?実際に測ってみた。

無印良品で販売されている

針が細い画鋲

非常にシンプルで生活の中に馴染む良デザインです。

 

 

drawing-pin1-1

この画鋲、
商品名にモロ、「針が細い」とあります。

大々的に針が細いと謳っていますが、
今回、実際にどれだけ細いのか検証してみました。

 

 

 

針の細さ 直径0.45mm

drawing-pin3

drawing-pin4

ノギスで測りました。
ノギスとは、ものの長さを正確に測る道具です。

 

ぱっと見で針は細いですが、
計測すると0.45mm

確かに細いです。
1mm以下ですからね。

とは言え、
ほかと比較してみないとよく分からないので、
一般的な画鋲の針の細さも測ってみましょう。

 

 

 

一般的な画鋲

おそらく皆さんが想像した一般的な画鋲はこれだと思います。

drawing-pin10

このカタチ、よく見ますね~

 

早速計測します。

drawing-pin6

drawing-pin5

直径0.85mm

1mm以下なんですね。
思っていたより細いです。思っていたよりは。

 

まあでも、無印良品の針が細い画鋲の約2倍か。
そう考えると、太いな。

いや、無印良品の画鋲が細いのか。

 

 

 

針の細さが真価を発揮するのは、
刺して出来る穴の大きさどと思うので、
穴の大きさを比較して、検証してみたいと思います。

 

比較するとこんな感じ。画鋲の下にあるのが穴です。

drawing-pin7

おお!
無印良品の「針が細い画鋲」は穴が全然目立たない!

 

数字で見ると、

直径0.45mm
直径0.85mm

 

と、正直、そこまで違いを感じられなかったが、
穴で見ると全然違うな。

 

一般的な画鋲の穴は、はたから見てもしっかり確認出来てしまうが、
無印良品の画鋲の穴は、なかなか見つけられません。

こんなにも違うんだな。

 

 

 

以上、
無印良品の針が細い画鋲は
確かに針が細く、名前負けしない良い商品でした。

 

ただ、この画面では伝えきれない部分が多々あると思います。
ぜひ購入して、針の細さ、穴の小ささを、
自分の目で確認して見てください。

では。

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です