【無印】撥水オーガニックコットンスニーカーの履き心地を最高にするための、たった1つの方法。費用は100円!?

以前紹介した無印良品のロングセラー商品、

撥水オーガニックコットンスニーカー

今回はタイトルにあるように、
このスニーカーの履き心地を最高にする方法を紹介したいと思います。

 

※以前紹介無印良品のスニーカーの記事はこちら

 

 

muji-re-sneakers7
無印良品のスニーカー

「待って待って、無印良品のスニーカーって、もう十分履き心地良いんじゃないの?」

 

なんて思ってます?

 

以前の記事で紹介したのですが、
この無印良品のスニーカー、
「定番スニーカー見直しプロジェクト」が行われ、さらに進化したそうです。

長年の研究・開発によりインソール、アウトソールが見直され、
特にインソールは、
土踏まずにフィットするデザインで歩きやすく、疲れにくくなっているそうです。

muji-re-sneakers8
無印良品のインソール

 

 

ですが、このインソール、
厚みがあるにもかかわらず、クッション性は思ったより無いです。

この形状を保つために、硬くなりすぎたと思います。

非常に惜しいです。

せっかく、厚みのあるインソールなので、
あと少し柔らかく弾力性があれば、クッション性が十分に出せたと思います。

 

逆に考えると、
このインソールにクッション性があれば最強のスニーカーになるハズです。

 

なので今回、このインソールにクッション性を追加してみたいと思います。

 

 

 

方法

簡単です。
インソールを追加しちゃいましょう!
インソールonインソールです。

 

用意するもの

100円ショップのインソール

muji-re-sneakers1

これ。

ただし、100円のインソールならなんでもいいというワケではありません。

重要なのはこれであるという事。
キャンドゥに売っているやつです。

 

僕が見た100円ショップの商品の中で、
おそらく1番良い感じのインソールです。

muji-re-sneakers2

厚みがあり、非常に柔らかいです。

本当に100円とは思えないクオリティです。

そして今回重要なのが、このインソールがぺっちゃんこであるという事。

 

お分かりの通り、無印良品の立体的なインソールの上に
このインソールを乗せるので、ぺっちゃんこが望ましいです。

まさにこの為の商品だと言えます。(言い過ぎ)

 

 

では、インソールを乗せていきましょう。

 

まずは必要な大きさにカットします。

muji-re-sneakers3

こんな感じ。

ハサミで簡単にカット出来ます。
無印良品のインソールに合わせると必要な大きさが分かります。

 

あとは乗せるだけです。

この100円のインソールは柔らかい素材なので、
無印良品のインソールにしっかりフィットします。

muji-re-sneakers4

 

ただ、重ねると2倍くらいの厚さになります。
結構な厚さです笑

 

これを見るだけで圧迫感を感じますが、
初めからパツパツのスニーカーでない限り、
足が入らないという事は起きないと思うので大丈夫です。

 

あと、中が黒くなりますが、気にしなーい。

muji-re-sneakers5

 

 

 

履き心地

muji-re-sneakers6

明らかにクッション性が増しました。

商品のキャッチコピーの通り、まさしく

やわらか反発ふんわりクッションです。

 

ふかふか~
気持ちいい~

 

ただこのふんわりの中に、
しっかり土踏まずや、かかとのサポートを感じられます。
足のカタチに合ったホールド感が、確かに存在しています。

 

 

 

以上、

以前のままでは、
かかとや母子球、土踏まずに形状によるサポートのみでしたが、
100円のインソールを追加する事で、素材によるサポートも感じられるようになりました。

無印良品の長年の研究+ふわふわ感

 

これはもう最強のスニーカーと言えるでしょう。
かかる費用も100円のみです。

ぜひお試しあれー

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です