たったの8円!?超シンプルなティッシュケースを自作。

tissue-eye1

お部屋のインテリアや内装にこだわりを持っている方、
テイストや色味を統一されていると思いますが、

“ティッシュケース”まで、こだわっていますか?

 

商品名のロゴ、売り場で目立つようにと、カラフルな色合い。
生活感丸出しのデザイン。
おしゃれな部屋だと、より一層目立つ事だと思われます。
あなたのお部屋では悪目立ち、していませんか?

 

 

とは言え、世の中にはおしゃれなティッシュケースが沢山あります。
ただ、ちょっと値段が高いですよね。
ティッシュを入れるケースに数千円もかけたくありませんよね。

 

と言うわけで今回、
タイトルにある様に超安くて超シンプルなティッシュケースを自分で作ってみたいと思います。

 

 

 

用意するもの

tissue8-1

  • クラフト紙 B4 1枚
  • カッター
  • のり
  • シャーペン
  • カッターマット
  • ステンレス定規(40cm以上が好ましい)

 

クラフト紙は100ショップ『ダイソー』に売ってある、これを使います。

tissue8-2

13枚入りで108円。
1枚約8円。

今回は1枚しか使わないので、タイトルにあるように材料費はたったの8円です。
(道具費なんかは省いています。悪しからず。)

結局クラフト紙を買うのに108円掛かってしまうんですけどね。

 

残りの12枚は何か他の事に使って下さーい笑

 

 

 

作り方

の前に、完成品はこんな感じです。

tissue8-4

なんの装飾もないシンプルなデザインです。

せめてもの意匠として、側面に45°の繋ぎ目があります。

tissue8-5

 

まずは設計図、と言うよりは展開図かな。
こんな感じになります。

tissue8-exploded-view

 

この様にカットしてしまえば出来上がったも同然です。

 

 

では、寸法を決めていきます。

このティッシュケースは、既存のティッシュケースに被せるかたちなので、
ご自身が使われているティッシュケースに合わせて寸法を決めて下さい。

 

僕の場合、使っているティッシュはエルモアのこれです。

tissue8-3

このティッシュケースの外寸は、

230mm×115mm×54mm

です。

 

被せられる様に数ミリ余裕を持って作る必要があるので、
自作するティッシュケースの外寸は、

233mm×116mm×56mm

にしました。

 

図面にするとこんな感じ。

tissue8-drawing

 

各メーカーのティッシュケースごとに寸法が少しずつ違うと思うので、上記の図面では合わない物もあります。
ご自身のティッシュケースの寸法を確認して作って下さい。

 

あとは図面の様にカットして、組み立てるだけです。

 

 

 

カット

tissue8-9

クラフト紙にカットするアタリを付け、
ステンレス定規とカッターで綺麗にカットしていきます。

こんな感じ。

tissue8-8

ここで重要なのはティッシュが出てくるスリットのカットです。

tissue8-7

カッターで線に沿ってゆっくりカットすれば綺麗に仕上がります。
慎重にカットしましょう。

 

 

 

組み立て・接着

tissue8-12

ここまで来れば、あとは組み立て・接着のみです。

まずは綺麗に折るために、折り目をつけます。
鉄筆でしっかり折り目をつけましょう。

tissue8-10

「鉄筆って何?持ってないんだけど」

って人は、シャーペンの先(芯は出さない)でも代用できます。

要は、折り目がつけばいいのです。

 

折り目が出来れば、その折り目に沿って折り曲げます。

tissue8-11

こんな感じ。

 

あとは、のりしろの部分にのりを付け、接着するだけです。

tissue8-13

はい簡単。完成です。

 

 

 

以上、
8円で作れる超シンプルなティッシュケースの作り方でした。
今回、クラフト紙で作りましたが、自分の好きな紙で作る事が出来ます。
紙は『ダイソー』にも色々な種類が売っています。

真っ白にでも、カラフルにでも出来ます。
自分の好みに仕上げて下さい。

慣れない人は作るのに時間が掛かるかもしれませんが、
お金を掛けずにシンップルなティッシュケースが作れます。

では。

 

ティッシュケースの作り方はこちらもあります。
合わせてどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です