【ウレロ】DVD/Blu-ray BOXが絶対に買いたくなる記事。まだ買ってないの?

ウレロ☆シリーズとは、
テレビ東京系列で放送されていたテレビドラマのシリーズ。

劇団ひとり、バカリズム、東京03、早見あかり出演の、
客前一発本番のシチュエーションコメディーです。

シーズン4から、福原遥もレギュラー参戦。

 

これ、豪華メンバー過ぎですよね。

ピン芸人屈指の劇団ひとりと、バカリズム。

コント職人の東京03。

そして、元ももいろクローバーの早見あかり。

そしてそして、めちゃくちゃ可愛い福原遥。

 

豪華すぎて、なかなかスケジュールが合わないだとか。

 

しかも、客前一発本番。
朝から1日中稽古をして、夜の9時にお客さんの前で一発本番。

撮り直しが効かない本番中、
アドリブがバンバン飛び交い、演者が演者を笑わそうとするカオスな状況の中、

急にシリアスでカッコいい演技、かと思いきやボケる劇団ひとり。

何気にアドリブを多く入れながらも、話を本筋に戻すバカリズム。

アドリブにしっかり付いていき、笑いを取る早見あかり。

アドリブにもツッコミを欠かさない東京03・飯塚悟志。

存在感を消し、急に大ボケをかます東京03・豊本明長。

どこまでも台本に忠実なでべそ・角田晃広。(東京03)

 

シーズン4も続く中、目立った失敗や、撮影が中断した事がないなんて凄すぎ。
(機材トラブルで1回、少しだけ中断したことはあるか)

 

現在、
シーズン1~4、舞台が2回、計6作品あります。

今後、シーズン5や新たな舞台も行われると思います。非常に楽しみです。

 

 

 

DVD/Blu-ray BOXが絶対に買いたくなる理由

ウレロ3

オンエアのみではなく、レンタルでもなく、
DVD/Blu-ray BOXを買う理由。
BOXは値段が高いですが、買う理由。

 

ズバリ、特典映像です。

各シーズン、本編310~320分に対して、
特典映像、560~580分。
(シーズン1は425分。それでも多い)

 

特典映像が本編よりも多いという、よくわかんない状態。

スタッフさんの熱意なのか、ただの馬鹿なのか…
(非常にありがたいです。本当に。)

 

レンタルでも、少しは特典映像を見れますが、ほんの一部です。
個人的に見て欲しい特典は見れません。

 

個人的に見て欲しい特典はメイキングです。
これは購入しないと絶対に見れないコンテンツです。

全12話、各10~15分のメイキング。
合計、約150分。およそ2時間30分です。
かなりのボリューム。

 

各話、朝からの撮影を追うメイキングカメラ。
演者達の悪ふざけや、雑談、
はたまた、真剣な表情。

東京03・角田のでべそに、
早見あかりの成長。

シーズンを追うごとに、早見あかりと仲良くなっていくおじさん達。

本番前の緊張感。

 

ウレロの全てがここに集約されています。

本編だけ見て、「はい満足」では勿体無いです。

 

個人的には、これをずっと見ていたい。
メイキング完全版として、撮影した映像全てを、
フルバージョンで発売してもらいたいものです。

 

とはいえ、もうこれだけで、十分な量。
撮影の裏側や、メンバーの楽しそうな様が見られるだけで満足。

 

ただ、まだまだ特典映像はあります。

  • 1.5話、2.5話といった、サイドストーリーの新作コント
  • 幻の13話
  • 出演者オーディオコメンタリー
  • 収録直後の出演者反省会
  • 劇中ラジオ集
  • 劇中歌PV集
  • 最終回 ニコ生・Abema生実況  etc…

 

ホント、馬鹿みたいに多いです。
本編が飾りみたいな感じ。

 

実際、本編なんてね。

ディレクターズカット版とはいえ、
オンエアを録画したら何回でも見れますしね。

 

 

そして、もう一つ、購入しないと見れないコンテンツで、
見落としがちなコンテンツが、

出演者オーディオコメンタリー

飾りみたいな本編が、劇的にグレードアップします。

だいたい12話中、8話にオーディオコメンタリーが収録されています。

撮影中の裏話や、脚本の話。
メンバーの話や、全く関係ない話、下ネタトーク。

本編約25分間、メンバーのバカ話が聴けます。
本編が2度楽しめます。

 

僕は、オーディオコメンタリーが好きです。
作り手の思いや感情がダイレクトに伝わってくるので。

オーディオコメンタリーがあるだけで、
スッタフや演者の熱意、思い入れを感じます。

 

しかも、よくよく考えてみてください、
25分×8で200分もあります。およそ3時間強。

これ、特典映像の560~580分の中には含まれていないのです。
驚愕ですよね。

立派な特典なのに、ここに換算しないなんて。

 

全て合わせると本編、オーディオコメンタリー、特典映像。

300+200+580分。

合計で、

1080分。

 

時間に変換すると、

18時間。

 

多すぎ笑

プロデューサーの佐久間さん馬鹿だわw
(褒め言葉です。マジでありがとうございます。)

 

 

Blu-rayだと各シーズンそれぞれ、17,000円+税。
シーズン1はちょっと安い。

値段は張りますが、
内容を考慮すると、正直かなり安く感じます。
普通のドラマのBOXだと、ここまで特典映像は含まれていません。

 

製作陣自ら、

『前代未聞の豪華すぎる特大ボリューム』

 

と言っています。
盛り過ぎに聞こえますが、実際そうだから仕方ない。

シーズン4に至っては、

『「ウレロ☆」名物特大ボリューム』

 

と言っています。

 

もう、引っ込みつかないんでしょうね笑

正直、今さら特典を少なくされたら、
購入を渋っちゃいます。

 

 

 

以上、

DVD/Blu-ray BOXを買う理由は、
メイキングとオーディオコメンタリーです。

もちろん、サイドストーリーもボリューミーで面白い。
てか全部面白い。

 

とにかく、本編だけ見て満足している人は、
かなり勿体無い事してますよって事。

 

特に今、Amazonプライムビデオで見れますから、
本編見た人は、BOXを買って欲しいです。
絶対面白いから。

 

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です